マンションからの家賃収入の今後

低金利が続いているため、賃貸用マンションを購入して家賃収入を得るという方法が注目されています。わが国ではずっと住宅不足が続いていましたから、不動産賃貸がうまくいく事例が多く、成功例を見てきた多くの人々に、マンション賃貸が魅力的に映るのは自然なことです。

ただ、今は賃貸市場の状況が一変しています。長く続いた住宅難の時代が終わり、かえって住宅余りが目立つようになってきています。ちょうど状況が180度変わったような時期にありますので、そうした変化に臨機応変に対応する姿勢が求められます。

例えば、礼金や契約更新料は、住宅難の時代に確立した慣習で、これまではあって当然のものでしたが、家主自ら廃止する例が増えています。家賃の値下げをせずに入居者を確保するために、設備の刷新やリフォーム、さらにはリノベーションまでおこなうところも少なくありません。バブル崩壊やデフレの影響もなく、家賃だけ高止まりしているのには、こうした事情もあります。

わが国では戦後初めて人口が減少に転じましたから、単身世帯が増えているとはいえ、賃貸マンションの需要が供給数を下回っていくことは避けられないでしょう。住宅が不足していたこれまでは、賃貸マンションの空き室というのは珍しい存在でしたが、今後は立地の良くない場所では増えて行くものと予想されています。空き室になれば、家賃収入はゼロになります。賃貸マンションの所有者には、固定資産税や修繕積立金、管理費がかかってきますから、結局マイナスとなります。

この記事も参考にしてください。
なぜ「囲い込み」はいけない?悪質な不動産会社の手口を紹介

空室になる心配がほとんどなかった時代は終わりました。今後は需要の高い、好立地の物件に絞っていくことが大事です。好立地の場所と言うのは限られており、当然値段も高いですが、空室になっては元も子もありませんので、立地で妥協すべきではありません。現在は、車がなくても不自由なく暮らせる場所が人気となっています。今後、高齢化はますます進みますし、運転免許をとらない若者も増えていますので、車が運転できなくても便利に暮らせる場所の需要はますます高まるでしょう。逆に、郊外のマンションの需要はあまり伸びないと予想されます。

賃貸用マンションを借り上げる会社を利用する例も増えていますが、2年ごとに家賃の見直しがある場合が多いので、空室リスクの少ない、好立地の物件を購入することが大事です。戸建てではなく、マンションに住みたがる人は、立地の良さを重視する傾向があります。購入するうえで、立地の選択は重要です。