マンションの家賃収入で成功するのはとても魅力的です。

マスコミなどには年金崩壊などといった文言が頻繁に出ています。確かに、少子高齢化の社会になりしかも高齢者の割合が高くなるのですから、あながち年金崩壊も大げさではないように感じます。そんな時代だからこそ年金だけに頼るのではなく、自分自身でも収入を確保することを考える必要があります。
しかし、簡単に「収入確保」と言いましても、年を取りますと肉体的にな衰えもありますので仕事が簡単に見つけるはずもありません。そうなりますと自分で起業する以外に方法はありませんが、簡単に「起業」ができるはずもありません。そもそもなにをやったらいいかわからないのが実状です。
そのような人に向いているのはマンションなどに投資をして家賃収入を得る方法です。これも立派な不動産業という起業です。起業などと言いますと身構えてしまいう人がいますが、要はマンションを経営して家賃収入をえることです。マンションでの家賃収入と言いますと、つまるところあの夢の「不労所得」のことです。人間、なにがうれしいかといいますと、やはり働かなくても収入が入ってくることです。

マンション経営の一番の魅力はなんと言いましても不労所得であることです。年を取った人には最適な所得獲得法ですが、注意をしなければいけないこともあります。それは「起業」と関係があります。「起業人」と「勤め人」の違いは収入が安定しているかどうかです。「勤め人」は毎月給料という安定した収入がありますが、「起業人」はそうではありません。仕事がうまくいかなければ「収入が入らない」こともあります。

つまりマンション経営は魅力的ではありますが、必ず成功するとは限らないことを肝に銘じている必要があります。たまに新聞などに不動産投資の詐欺事件などが報じられますが、詐欺でなくとも入居者がいませんと収入が入ってこないことは普通のことです。その厳しさを忘れないでマンション経営に挑戦することは悪い事ではありません。

この記事も参考にしてください。
通常の売却と何が違う?相続した不動産を売るときの費用や税金

マンション経営で成功するうえで最初の関門は業者選びです。信頼のおける身の丈にあった業者を選ぶことが大切です。そのためにはできるだけ情報をたくさん集めることです。しかもその情報は信頼できる人からのものでなくては意味がありません。一番の理想は実際に経験している人の話を聞くことです。そうでないと、ひとつ間違えますと業者の餌食になることもあります。不動産投資は扱う金額が大きいですので「慎重に慎重を重ねても無駄なことはない」くらいの心持ちで臨むことが大切です。