マンション経営による家賃収入で老後にゆとりを!

親や親族などからマンションを相続することがあるかもしれません。そのような場合、相続したマンションを活用してオーナーとして運用する、つまり経営を行なうようにすることができるでしょう。そのような経営には、長期的な視点に立って考えた場合に、実に多くのメリットがあると言うことができます。実際、マンションの経営は、賢い資産運用の方法として大きな注目を集めているのです。

マンション経営によって得られる大きなメリットの一つは、何と言っても毎月の安定した家賃収入があるということでしょう。例えば、たいへん多くの人が、老後の生活を幾らか心配しながら暮らしています。中には、老後に備えて何とか貯蓄をしなければ、と考えている人がいることでしょう。誰でも、切り詰めて何とか暮らしていける程度の生活ではなく、ゆとりのある生活を送りたいと思っているからです。この点で、マンション経営を行なうようにするならば、毎月の安定した家賃収入が得られることになります。それが実際には老後に4使える年金のような働きをし、老後の生活に十分備えることができるようになるというわけです。さらに、自分自身に万が一のことがあった場合でも、遺された家族は毎月の家賃収入を得ることができるでしょう。こうした点で、将来を見据えた賢い資産運用であると言えるのです。
また、本当に価値の高い物件であれば、今後の家賃の値上げも決して不可能なことではありません。本当に価値ある物件であれば、家賃が少しくらい値上がりしたとしても、多くの人はやはりそこに住みたいと思うからです。こうした安定した家賃収入のおかげで、老後の生活はより一層豊かなものとなることでしょう。

このように、実際にマンションを相続してオーナーとして経営することになれば、家賃収入として毎月決まって入ってくるため、収入が増えることになります。しかしその一方で、相続税を支払う義務が生じることでしょう。そうした相続税を心配して、なかなかマンション経営に踏み切ることができない人も決して少なくないと言われています。

この記事も参考にしてください。
不動産の売却で生じる譲渡所得税の「短期」と「長期」の違い

では、マンション経営を行なう場合、どのようにして相続税対策を行なうことができるのでしょうか。覚えておきたいのは、不動産を相続した場合は金融資産と比べて評価額が大幅に低下するという点です。さらにそれが賃貸のものであれば、評価額はさらに低くなります。そのため、相続税の節税が可能になるというわけです。