マンションの家賃収入で生活するという方法

マンションの家賃収入で生活するという方法は以前から存在しており、住宅不足が続いていた頃には、うまくいく例も多く見受けられました。賃貸住宅が不足していたわけですから、空室が続くというリスクもあまりありませんでした。マンションのオーナーは借り手を厳しく審査し、選んで入居させるという状況でしたから、家賃滞納もそれほどは起きなかったようです。

現在は賃貸市場が一変しています。戦後初めて人口が減少に転じ、賃貸住宅が余り始めました。そのため、マンションの家賃収入で生活するというのは、以前よりも確実に難しくなってきています。貸し手市場で、敷金も礼金も契約更新料も、あって当然だった時代は終わりつつあります。需要よりも供給数が上回っているわけですから、貸し手側が有利だった時代の慣習は、今後変わっていくことでしょう。

すでに、礼金ゼロの物件が珍しくなくなってきています。契約更新料もなくなっていくことが予想されます。礼金や契約更新料は、不足している賃貸物件を借り手側が奪い合うという状況が続いたからこそ生まれた慣習と言えます。賃貸物件が余り始め、今後はますます供給過多になることが予測される中では、こうした慣習を続けるのは難しくなるでしょう。

マンションのオーナーにとって、礼金は大きな収入源でした。そのため、部屋の回転率が高いほど、利益が出るような仕組みになっていました。しかし今後は、礼金の慣習が消えていくことが予想され、しかもいったん空室になったら、次の入居者を確保するのが住宅難の時代のように容易ではなくなるため、入居者に長く住んでもらうほうが利益が上がるということになります。こうした賃貸事情の大きな変化にうまく対応していくことが求められます。

この記事も参考にしてください。
遺産相続の不動産を現金化するならおまかせ!オーディン不動産スピード買取サービス事業部で不動産現金化

人口減少がこのまま進めば、人口密度の低い地域はますます不便になり、車がないと暮らしていけないという状況も加速することでしょう。郊外の戸建て住宅から、都市部のマンションに移り住む高齢者も増えています。都市部の駅のそばのマンションであれば、今後も需要が続くと期待できます。都市部であって、病院や商業施設の近くであっても、駅から遠く、バスを利用する地域となると、人気は落ちます。

今後マンションの家賃収入で生活していくためには、好立地の物件を確保することが必要となります。好立地の物件数は限られていますので、賃貸物件の供給過多が続こうと、空室リスクは避けやすいでしょう。立地に問題があるマンションは、今後苦戦することが懸念されます。