マンションで安定した家賃収入を得るために

不動産投資は、誰がやっても儲かると思っていませんか。ですが、実際にはそのようなことはなく、投資用マンションを購入したものの、資金が続かなくなって投資を諦めるという方も少なくなりません。では、どうしたら投資用マンションを購入して、安定した家賃収入を得ることができるのでしょうか。

まずマンションを購入する際に注意しなければならないのが、徹底的に物件を厳選するということです。家賃収入を得ることを目的としているため、賃貸契約を交わす住人が必要です。このとき、駅から遠く離れた過疎地などの物件だと、借り手が見つからず空き室が増えてしまいます。一方で駅から近い立地の良い物件であれば、それだけで安定して借り手が見つかる可能性が高まります。

この記事も参考にしてください。
こんな物件どうしたらいい?売却に苦労する土地やマンションの特徴

また投資用マンションを選ぶとき、自分が住みたい物件という基準で選ぶ方も多くいます。ですが、自分が住みたい物件だからといって、借り手が見つかりやすいとは限りません。あくまで借り手を見つけることが大切なので、間取りを見るときには、自分が住みたいかどうかではなく、多くの方が借りたいと思う物件なのかという点に注目しましょう。最初のうちは、なるべく無難な間取りを選ぶことも大切です。

さらに実際にマンションを購入するときには、どのくらいの値段で購入するかも大切な問題です。多くの住人に借りてもらうために、大規模な物件を選ぶ方もいます。ですがローンを借りて購入できるとしても、借金が多い状態で投資を始めると、借金の返済だけでかなりの負担になります。さらに物件の部屋数が多いと、住人を募集するだけでも、大変な作業となってしまい、空き室が増えて収入が少なくなってしまうかもしれません。そこで、なるべく少ないローンで購入できる物件を選ぶのもポイントの1つです。

良い投資用マンションを購入したとしても、購入してから何年か経つと、物件が劣化して修繕が必要になっていきます。このとき修繕をして引き続き物件を所有するのではなく、思い切って売却するのも選択肢の1つのです。古くなった物件は、リノベーションしても新たな借り手を見つけにくくなります。そこで今持っている物件を売却して、その売却した費用で、新たな物件を購入して投資をする選択肢もあります。実際に売却を検討する場合には、どのような不動産会社を選ぶのかもポイントの1つです。不動産会社はどこでもいいと思わず、物件の価値を正しく見極めてくれる信頼できる業者を選びましょう。