マンションの家賃収入でローンを支払うメリットとは

人々が生きている人生の中にはさまざまな転機や岐路が訪れます。自分の人生をより良いものに出来る様に人々はその都度悩みながらも前を向いていろいろな事を決断し進んでいきます。人生の中で大きな決断が必要な事の一つにマンションや戸建てを購入する事も挙げられます。

マンションなどの物件を購入することは、人生の中でも一番と言っていいほど大きな買い物になる人は少なくありません。資産家で現金で購入できる人は稀な事であり、大半の人は融資を受けてローンを組み、支払期間の間そのお金を支払い続けることで物件を手に入れることができるのです。自分自身や家族が住むマイホームを購入する人はたくさんいますが、マンションオーナーになる為に購入を検討する人もいます。オーナーになって物件を所有するメリットはどのような点にあるのでしょうか。

マンションオーナーになった場合にはその物件に借主が入居する事になります。賃貸契約を結んで借主が入居している期間は家賃がオーナーに支払われることになります。オーナーは毎月一定金額の家賃収入を手に入れることができるのです。この家賃収入をローンの支払いにあてられることは非常に大きなメリットになります。

ローンの支払金額と家賃の金額の設定にもよりますが、物件の購入のために組んだこの支払いはマンションの家賃収入でほぼ賄うことができます。融資を受けて物件を購入している為に、多くの資金を準備がなくても物件の購入は可能です。さらにその支払いは家賃収入で賄っていくので、資金が少なくても始められる投資になるのです。ローンを完済すればそれ以降の家賃は全てオーナーの収入になる為に、さらに収入を見込めるようになります。資産価値のある物件を所有しながら、その支払いは借主の家賃で負担できることは、非常に大きなメリットと言えます。

オーナーになるメリットは他にもあります。マンション経営を行っている上で支払っている、ローンの金利分や経営にかかった費用は経費とみなして確定申告が出来ます。オーナーの収入や物件、金利や家賃などの契約状況によって異なりますが、オーナーになることで毎年の確定申告後に年間の所得税と住民税から還付金を受け取ることができるケースがほとんどです。その還付金から固定資産税を差し引いても、決して少なくない金額が手元に残ります。支払うべき必要のある税金が還付されてさらにそこから固定資産税の支払いも出来ることにも魅力があります。

この記事も参考にしてください。
後悔しても遅い!悪質なリフォーム業者と関わらないための予防策

このようなメリットを得るためには、借主に選ばれるマンションオーナーになる必要があります。その為にもその経営を支援してくれる不動産会社選びは重要になります。家賃の見込める物件の提案と経営に対して的確なサポートを行ってくれる優良の不動産業者を選びます。