賃貸マンションのオーナーとなって、家賃収入を得る道

低金利が長く続き、資金の運用先に悩む人の中には、賃貸マンションのオーナーとなって、家賃収入を得る方法を検討するケースもあります。市場の金利の動向が予測不可能であるのと同様、賃貸マンションで家賃収入を得る場合の利回りも、導き出すのが非常に困難です。現在はゼロ金利のようなものですから、ゼロにさえならなければいいと考える向きもありますが、これは安易なとらえ方とも言えます。空室が続けば、マイナスになる可能性も出てきます。

この記事も参考にしてください。
中古マンションが売れやすい時期は「ある?」「ない?」

不動産価格が右肩上がりを続け、そのバブルがはじけた後も、土地や建物価格と違って、家賃は値下がりしませんでした。デフレが続いても、家賃だけは影響されず、高止まりが続いています。そのため、賃貸マンションのオーナーとなって、家賃収入を得るのはさほど難しくないように見られることもあります。しかし、家賃の値崩れが今後も起きないままであるとは限りません。

好立地の物件であれば、空室になることもなく、入居者は絶えないでしょうから、高い家賃のままである可能性が高いでしょう。しかし、人口が戦後初めて減少に転じ、賃貸住宅余りが目立つようになった現在は、立地に問題のある物件には借り手がつかなくなりつつあります。住宅が不足していた先ごろまでは、郊外であっても部屋は埋まることが多かったのですが、人口が減り始め、それでも賃貸住宅の新たな供給が続いている現在では、状況が変わってしまっています。

借り手は、豊富な選択肢の中から、より条件の良い物件を選べるようになりました。空き室を防ぐため、礼金をゼロにしている物件も増えており、また、家賃保証会社の利用を条件に、連帯保証人を不要とする物件も多くなっていることから、借り手は以前よりも簡単に引っ越すようになっています。引越し会社の料金も下がってきています。

こうした中で、高い利回りを確保し、安定した家賃収入を得ていくのは並大抵のことではありません。まずは好立地の物件に絞ることが大前提となります。マンションを借り上げする会社に経営管理をすべて任せるという方法をとれることで、賃貸用マンションの購入に踏み切る人もいます。借り上げが可能ということは、ある程度需要の見込める物件ということになりますが、よほど好立地のマンションでないと、需要が長く続くとは言い切れません。現在はずっと続いてきた賃貸住宅不足の時代から、供給過多への転換期ですので、物件選びにはより慎重さが求められています。