自分が所有するマンションから家賃収入を得るには

自分の所有するマンションから家賃収入を得る方法は、現在さまざま用意されています。管理をすべて自分でおこなうというオーソドックスなケースもありますが、現在多く見受けられるのは、経営や管理をすべて不動産会社や管理代行会社に委託するという方法です。

不動産の知識がないと、マンションから家賃収入を得るということにはなかなか踏み切れないものです。住んでいた自己所有のマンションを人に貸す、ということすら躊躇するという例もよく見られます。住居を貸したら、法律上、立ち退いてもらうというのは難しくなります。また、室内設備を整える義務があることなど、さまざまな法律的なことが関わってきます。それだけでもマンションを賃貸することをためらう人も多いわけですから、ましてや経営上の諸問題に対応しなければならなくなるということでは、ハードルが高く感じられる場合があるというのも無理からぬことです。

現在は、個人所有のマンションの賃貸業務一切を引き受け、管理に当たる会社が増えています。管理会社は、借り手が支払う家賃から管理料を差し引き、マンションのオーナーに毎月一定額を支払うというシステムになっていることが多いです。入居者の募集も審査も管理会社がおこない、空室の期間や家賃の滞納があっても、常に同額をオーナーに支払います。

多くのオーナーは、高い家賃よりも、収入の安定を望む傾向にあります。管理会社を使わず、すべて自分で経営すれば、家賃を丸々手にすることができます。しかし、その場合は空室リスクもすべて引き受けることになります。空室状態が続いても、マンションの管理費や修繕積立金、固定資産税は変わらず支払い続けなくてはなりません。ローンの支払いが終わったマンションならまだしも、ローンを支払いながらということであれば、空室になって家賃がゼロになるというのは深刻な事態です。

この記事も参考にしていください。
住宅ローンが残っている不動産の売り出し価格を決めるときの目安

家賃収入を考える場合、空室リスクは頭の痛い問題です。それがあるために、踏みきれないという例も多いでしょう。家賃を保証する管理代行会社に依頼すれば、そのリスクを避けられます。ただ、依頼すればそれで安心というわけでもありません。家賃の保証は、その管理会社の運営が順調であった場合になされることです。委託した後は、その会社の運営状況に常に注意を払っていく必要があります。自分の不動産ですから、いわゆる丸投げというようなことは、完全にはできないことです。委託したあとのフォローは必須です。