カジノ

のぶきは世界のカジノで勝ち続けています

プロギャンブラーのぶきという人物がいます。15年という歳月をかけて世界の80を超す国のカジノを渡り歩いてきた人です。特筆すべきは、勝率が9割という異様な高さを誇っている点です。一発勝負で勝った、というのは単なるギャンブラーにすぎませんが、ほぼ常時勝ち続けられるというのは、プロギャンブラーならではのことです。のぶきは、2年をかけてブラックジャックに勝てる方程式を見出すまでになりました。そしてずっと勝ち続けたので、会場の運営者から追い出されるレベルにまでなったのです。負けることなく勝利を続けていると、施設の運営側にとっては何の得にもなりませんので、追い出しを食らいます。いわば、プロギャンブラーとして認定されたことになります。一軒のカジノで追い出しを受けると、他のカジノでチャレンジしますが、そこでも勝ち続けるので、追い出されます。それの繰り返しで、自分の職場が減っていきました。

やむを得ず、ラックジャックでの勝負を断念してポーカーに移りました。ブラックジャックと違って、ポーカーは他のプレイヤー相手のゲームですので、運営側から追い出されるということはありませんでした。もちろん、ポーカーの勉強はしっかりとしました。半年間、原書の専門書を熟読し、勝負に臨んだのです。なんと、最初の日からポーカーでも稼ぎを上がられるようになりました。ポーカーにコンバートしてよかったのは、世界のどこに行っても稼ぐことができる、という点です。というのは、ブラックジャックの場合は、それぞれのカジノ施設でルールが違っていたことがあり、アメリカでしか勝つことができませんでした。しかし、ポーカーであれば、そのルールは全世界で共通です。ポーカーに変わったおかげで、世界のどこに行っても稼げるようになりました。

【シンガポール編】カジモ編集部がオススメするカジノリゾート 

のぶきは特定の地域に定住するという生き方を選択していません。ギャンブルで収入を得ながら、世界を回るスタイルをあえてとっています。昔から世界視野を持つことに憧れていました。ですから、ギャンブルで勝って獲得したお金で旅行を続けるのは、のぶきの価値観にぴったりと合っていたのです。学校を出てから起業を目指し、ビジネスチャンスを摸索するためにアメリカを訪れたときに、ギャンブルに出会ったのです。実はギャンブルというものに抵抗感を持っていた彼であったのですが、頭が良ければ金を稼げることを知ったことから、にわかに目ざめました。ギャンブルとは確率と統計であるところに注目し、数学なら場勝負できると考え、プロギャンブラーとしての生き方を選択しました。のぶきの現在の活躍を見ると、彼の決断は間違っていなかったことを雄弁に物語っています。

-カジノ

関連記事

マカオのカジノでは入場者の年齢制限があります

日本でも、いよいよカジノでのギャンブルが合法化される方向性になってきました。いうまでもありませんが、ギャンブル施設ができることで観光客が増大し、少なからぬ経済効果をもたらすものです。ただ、一部には導入 …

日本でも導入が検討されるカジノの年齢制限

日本でも次期東京オリンピック、パラリンピックを前にして、カジノの導入が議論され始めています。日本ではまだカジノは解禁になっていませんが、世界中の国や地域では既に長年に渡り親しまれていますので、国民の生 …

カジノは無料で飲み物を飲める

海外のカジノのお店ではスタッフがドリンクを頻繁に提供してくれますが、それらの飲み物は基本的に無料で飲むことが出来ます。なぜタダで飲めるのかといえばお店が儲かっているという事実があるからです。一晩で数千 …

韓国でカジノに参加できる年齢

賭けや賞金が発生するカジノは、何処の国でも参加可能な年齢制限が掛けられています。 例えばラスベガスでは21歳以上と法律で決められていて、21歳に満たない人は入店すら断られます。 一方の韓国は19歳とな …

ネタバレにならない程度の『カジノ』の内容です

日本でのカジノ解禁が迫りつつあります。絶大な経済効果が期待される反面、慎重論も声高に語られるようになってきました。よくあるのは、ギャンブル依存症増加を助長する、犯罪が増えるといったものです。世界的には …