カジノ

日本でも導入が検討されるカジノの年齢制限

日本でも次期東京オリンピック、パラリンピックを前にして、カジノの導入が議論され始めています。日本ではまだカジノは解禁になっていませんが、世界中の国や地域では既に長年に渡り親しまれていますので、国民の生活に密着している国々もあります。また、外国人観光客にのみ開放している国もありますので、入場の際に外国人であることが判別出来る身分証を提示しなければならない国もありますのでパスポートなどの国籍が判別出来る身分証の携帯は不可欠です。国籍と年齢確認を入場の際に行います。確認が出来ないと入場することすら出来ませんので気をつけましょう。多額の賞金を手にした場合にも、身分証が必要になる場合がありますので、宿泊先の部屋などに置いて行くことがないように、忘れずに持っていくようにしましょう。

カジノはギャンブルと認定されている国や地域が多いので、年齢制限が各国課せられています。当然のことではありますが、ギャンブルを行う上で未成年の入場は認められません。例えゲームに参加をしない場合でも、家族に付いて入場することが出来ませんので、お子さんを連れての旅行の場合は夜お子さんが眠った後などに出かけるようにするなどの工夫が必要になってきます。年齢制限も渡航先の国によって異なりますので、確認をしておくことをおすすめします。ヨーロッパでは18歳以上から入場することが出来ますが、特にアジア人の中でも日本人は幼い顔立ちの方が多いので、入場の歳に確認をされることがあるのでパスポートは必須です。法令で確認が定められている国が一般的ですので、カジノ側は年齢確認や身分証の確認が出来ないと入場を許可出来ないことを知っておきましょう。

日本人が訪れやすい国としては、近場ではマカオになるでしょう。マカオは近年アメリカ資本のカジノを含めた統合型リゾートを手がける企業が参入してきたこともあり、市場規模が急拡大してきています。中国国内ではまだカジノは解禁になっていないのですが、マカオは特別行政区としてカジノの運営が許可されていますので、思う存分楽しむことが出来ます。中国本土の富裕層の方が多く遊びに来ていますが、21歳以上でないと入場することが出来ません。日本人の成人年齢は20歳ですので、20歳から遊べると考える方も少なくないのですが、行ってみて入場出来ないという事態を避けるためにも、事前に渡航先の入場可能年齢を調べておくようにしましょう。カジノの本場ラスベガスに関しても入場出来るのは21歳からになりますので注意しましょう。

-カジノ

関連記事

韓国でカジノに参加できる年齢

賭けや賞金が発生するカジノは、何処の国でも参加可能な年齢制限が掛けられています。 例えばラスベガスでは21歳以上と法律で決められていて、21歳に満たない人は入店すら断られます。 一方の韓国は19歳とな …

マカオのカジノでは入場者の年齢制限があります

日本でも、いよいよカジノでのギャンブルが合法化される方向性になってきました。いうまでもありませんが、ギャンブル施設ができることで観光客が増大し、少なからぬ経済効果をもたらすものです。ただ、一部には導入 …

ネットワークビジネスとしてもカジノが活用できます

インターネットが開発されて、今や全世界に広がっているといっても過言ではありません。仕事から日常の生活の中まで欠かせないものとなっていて、さまざまなサービスが提供されて利用することが可能となり、日々を豊 …

ネットワークでつながるオンラインカジノ

インターネット上の存在しているオンラインカジノはネットワークが構築されていればどこに住んでいても利用可能で、日本国内の場合は一部を除き法律違反になることもありません。一部とは日本人向けに提供されている …

エステラのぬいぐるみ集めとカジノゲーム

最近のロールプレイングゲームは物語の世界により深く入り込んでもらうために、メインストーリーの他にサブストーリーが豊富に用意してあり、こちらに嵌ってしまうという人も多いです。人気のドラゴンクエストⅩもそ …