カジノ

カジノで年収アップ!税金はかかる?

カジノは日本では違法となるので、そもそも税金の問題は起きないはずと考えるのは甘いです。現在は海外旅行へ行ったときだけでなく、インターネットを通して海外のサイトへアクセスし、カジノをプレイできる時代です。カジノで稼いだら年収を大きくアップできる可能性がありますが、税金を納めなければならないということも理解しておきましょう。
カジノで稼いだお金は基本的には一時所得となりますが、一定の条件を満たしていれば雑所得として捉えることができるようです。一時所得のほうが最大50万円の控除が受けられるのでお得であると考えるかもしれませんが、雑所得としたほうがお得になるケースもあります。金額が大きい場合には税理士などの専門家に相談をして、できるだけ納める税金の金額を減らす工夫をするとよいでしょう。

カジノで年収をアップしようとするとき、おすすめなのはオンラインカジノです。実店舗型のカジノでは店舗の維持費・スタッフの給料などのコストも膨大になります。コストの分は客の負け分からとらなければ赤字になってしまいます。インターネット上のサイトなら、維持費はほとんどかかりません。さすがに50%の確率で勝てるとは言えないものの、勝てる可能性は実店舗型よりも上がるのではないでしょうか。
インターネットのサイトの場合には、詐欺サイトではないことを必ず確認しておきましょう。すでに日本人もたくさん利用していて、良い口コミや評判が広がっているサイトの場合には一定の信頼があります。悪質なサイトでは、入金をしてたくさんのボーナスをもらい、プレイで大金を稼いだのに出金ができず、1円たりとも引き出せなかったというトラブルなどが出ています。

給料などで収入を得ている人は、ギャンブルで勝てば年収を大きくアップさせることができる可能性があります。しかし、その半面で働いて稼いだお金が大きく減ってしまうというリスクもあります。生活費など、大切なお金は投入せず、失ってもよいと思えるくらいの余裕のあるお金を使ってギャンブルをプレイすることがコツです。
FXや株式投資と比べて、ギャンブルはリスクが高いと言われています。ギャンブルでは常識をこえた大金を稼げる可能性がある半面で、負ける可能性のほうがはるかに高いと言われています。1割以下のごく少数の人が大金を手にすることができるという意見もあります。宝くじを買うのと同じ気持ちで、お金を投げたつもりでいるのがよいでしょう。負けた場合には税金はかかりませんが、経費として計上することもできず、完全な出費となってしまいます。

-カジノ

関連記事

海外のカジノで大勝ちした時の納税

夢を見ているようなきらびやかで華やかなマカオやラスベガスのカジノで遊んでみたいという人は多く、実際に毎年海外のカジノに行くという人は意外とたくさんいるようです。豪華な別世界のようなカジノに行く人の多く …

マカオのカジノでは入場者の年齢制限があります

日本でも、いよいよカジノでのギャンブルが合法化される方向性になってきました。いうまでもありませんが、ギャンブル施設ができることで観光客が増大し、少なからぬ経済効果をもたらすものです。ただ、一部には導入 …

ネットワークビジネスとしてもカジノが活用できます

インターネットが開発されて、今や全世界に広がっているといっても過言ではありません。仕事から日常の生活の中まで欠かせないものとなっていて、さまざまなサービスが提供されて利用することが可能となり、日々を豊 …

カジノのネズミ講勧誘の話には注意しましょう

オンラインカジノはパソコンにダウンロードするだけでプレイできるので、商品の在庫を抱えずにできるメリットがあります。 ただこのメリットを利用して、ネズミ講の詐欺商材として使われることがあるので注意が必要 …

ネタバレにならない程度の『カジノ』の内容です

日本でのカジノ解禁が迫りつつあります。絶大な経済効果が期待される反面、慎重論も声高に語られるようになってきました。よくあるのは、ギャンブル依存症増加を助長する、犯罪が増えるといったものです。世界的には …