カジノ

カジノで年収アップ!税金はかかる?

カジノは日本では違法となるので、そもそも税金の問題は起きないはずと考えるのは甘いです。現在は海外旅行へ行ったときだけでなく、インターネットを通して海外のサイトへアクセスし、カジノをプレイできる時代です。カジノで稼いだら年収を大きくアップできる可能性がありますが、税金を納めなければならないということも理解しておきましょう。
カジノで稼いだお金は基本的には一時所得となりますが、一定の条件を満たしていれば雑所得として捉えることができるようです。一時所得のほうが最大50万円の控除が受けられるのでお得であると考えるかもしれませんが、雑所得としたほうがお得になるケースもあります。金額が大きい場合には税理士などの専門家に相談をして、できるだけ納める税金の金額を減らす工夫をするとよいでしょう。

【マカオ編】カジモ編集部がオススメするカジノリゾートホテル

カジノで年収をアップしようとするとき、おすすめなのはオンラインカジノです。実店舗型のカジノでは店舗の維持費・スタッフの給料などのコストも膨大になります。コストの分は客の負け分からとらなければ赤字になってしまいます。インターネット上のサイトなら、維持費はほとんどかかりません。さすがに50%の確率で勝てるとは言えないものの、勝てる可能性は実店舗型よりも上がるのではないでしょうか。
インターネットのサイトの場合には、詐欺サイトではないことを必ず確認しておきましょう。すでに日本人もたくさん利用していて、良い口コミや評判が広がっているサイトの場合には一定の信頼があります。悪質なサイトでは、入金をしてたくさんのボーナスをもらい、プレイで大金を稼いだのに出金ができず、1円たりとも引き出せなかったというトラブルなどが出ています。

給料などで収入を得ている人は、ギャンブルで勝てば年収を大きくアップさせることができる可能性があります。しかし、その半面で働いて稼いだお金が大きく減ってしまうというリスクもあります。生活費など、大切なお金は投入せず、失ってもよいと思えるくらいの余裕のあるお金を使ってギャンブルをプレイすることがコツです。
FXや株式投資と比べて、ギャンブルはリスクが高いと言われています。ギャンブルでは常識をこえた大金を稼げる可能性がある半面で、負ける可能性のほうがはるかに高いと言われています。1割以下のごく少数の人が大金を手にすることができるという意見もあります。宝くじを買うのと同じ気持ちで、お金を投げたつもりでいるのがよいでしょう。負けた場合には税金はかかりませんが、経費として計上することもできず、完全な出費となってしまいます。

-カジノ

関連記事

ヌメアのカジノの服装は准正装であれば大丈夫です

ニューカレドニアは日本から約9時間で行ける太平洋の楽園で、プチフランスを楽しみたい女性から人気です。 ダイバーからも人気が高い旅行先のニューカレドニアには、最大の都市ヌメアにカジノのお店があります。 …

ネットワークビジネスとしてもカジノが活用できます

インターネットが開発されて、今や全世界に広がっているといっても過言ではありません。仕事から日常の生活の中まで欠かせないものとなっていて、さまざまなサービスが提供されて利用することが可能となり、日々を豊 …

カジノは無料で飲み物を飲める

海外のカジノのお店ではスタッフがドリンクを頻繁に提供してくれますが、それらの飲み物は基本的に無料で飲むことが出来ます。なぜタダで飲めるのかといえばお店が儲かっているという事実があるからです。一晩で数千 …

エステラのぬいぐるみ集めとカジノゲーム

最近のロールプレイングゲームは物語の世界により深く入り込んでもらうために、メインストーリーの他にサブストーリーが豊富に用意してあり、こちらに嵌ってしまうという人も多いです。人気のドラゴンクエスト?もそ …

ヌメアでカジノをするならメリディアンがオススメです

ニューカレドニアのヌメアには2軒のカジノ店があり、1つは海沿いのホテルのルサーフの方に入っているカジノロワイヤルです。 そしてもう1つはメリディアンホテルに入っているグランカジノです。 どちらも規模的 …