カジノ

ネオンが光るカジノの印象は一面のものです

いままで経験したことのないことに対しては、とかく警戒心が高まるものです。これは人間である限り避けられない習性であることは確かです。日本の経済成長を確実なものにするために、IR構想を具体化していくことが決まっていますが、IR施設の中にカジノが含まれているところから、一部に反対論が出てきています。確かに、日本では公式にはギャンブルは法律で禁止されてきました。ですから、先進国では常識となっているカジノ施設も、日本国内では営業が認められていません。つまり、日本人には経験がないところから、未知の事柄に対する不安を払拭できないでいるわけです。いわく、ギャンブル依存症が増えてくる、犯罪が多発する、暴力団が施設周辺を闊歩するようになる、などの事態を恐れてのものです。しかし、実際はどうなのでしょうか。

シンガポールでもIR構想導入にあたっては、慎重論が少なくありませんでした。ただ、多大の経済効果を見込めるところから、思い切って、カジノ容認を進めたところ、結果的には、さしたる弊害は起こっていません。統計的には、むしろシンガポールでの犯罪発生率は、IR導入後のほうが少なくなっているとの数字が出ています。多くの海外でのカジノがそうですが、施設の安全対策には細心の注意を払っています。ほとんどの施設では、入り口で本人確認を行い、反社会的勢力とか入場資格を満たしていない人が入ることを拒絶しています。また、会場内にはあちこちに防犯カメラが置かれ、警備担当スタッフが常駐するなどして、万が一の事態が起こらない措置をとっています。カジノのことを想像するとき、ネオンが輝く不夜城のイメージだけ、というのでは議論になりません。

【まずは無料でプレイ】オンラインカジノのスロットの種類とおすすめ機種

いっときは、カジノの代名詞であったラスベガスなどは、ネオンの輝く街でタキシード姿で葉巻をくわえた紳士がプレイに興じているシーンが、映画やドラマでは表現されていたものです。それと並行して、マフィアを思わせる集団が牛耳っている場面が登場するというのが一種の定番です。しかし、実際には、きわめて平凡な一般人が趣味としてギャンブルを楽しんでいるのがカジノです。決して特別な存在ではありません。ましてや、犯罪にかかわっている性質のものでもありません。日本でも、現実には公営競技や遊技という形で、事実上のギャンブルが横行している現状があります。そして、その利権をめぐっての抗争も起こり、また、依存症の存在も確認されています。逆に、カジノを法的に認めて、厳正な運営をするほうが、社会的にははるかに健全です。

-カジノ

関連記事

カジノで年収アップ!税金はかかる?

カジノは日本では違法となるので、そもそも税金の問題は起きないはずと考えるのは甘いです。現在は海外旅行へ行ったときだけでなく、インターネットを通して海外のサイトへアクセスし、カジノをプレイできる時代です …

のぶきは世界のカジノで勝ち続けています

プロギャンブラーのぶきという人物がいます。15年という歳月をかけて世界の80を超す国のカジノを渡り歩いてきた人です。特筆すべきは、勝率が9割という異様な高さを誇っている点です。一発勝負で勝った、という …

カジノのネズミ講勧誘の話には注意しましょう

オンラインカジノはパソコンにダウンロードするだけでプレイできるので、商品の在庫を抱えずにできるメリットがあります。 ただこのメリットを利用して、ネズミ講の詐欺商材として使われることがあるので注意が必要 …

カジノは無料で飲み物を飲める

海外のカジノのお店ではスタッフがドリンクを頻繁に提供してくれますが、それらの飲み物は基本的に無料で飲むことが出来ます。なぜタダで飲めるのかといえばお店が儲かっているという事実があるからです。一晩で数千 …

マカオのカジノでは入場者の年齢制限があります

日本でも、いよいよカジノでのギャンブルが合法化される方向性になってきました。いうまでもありませんが、ギャンブル施設ができることで観光客が増大し、少なからぬ経済効果をもたらすものです。ただ、一部には導入 …