カジノ

カジノの年齢制限とは

絢爛豪華な建物にきらびやかな装飾、瀟洒に行われてゆくゲーム。そんなカジノは、誰もが一度は行ってみたいと思う大人の世界です。
ギャンブルのひとつであり、言ってしまえばパチンコやサッカーくじ、競馬やボートレースなどと同じ賭博です。パチンコは18歳、サッカーくじ(toto)は19歳、競馬や競輪、競艇、ボートレースといった公営競技は20歳からと細かく決められていますが、カジノの年齢制限はどのようになっているのでしょうか。
実はその国ごとに制限は異なっており、海外旅行のついでにちょっと寄ってみようと考えているならば、その国でのルールを確認しておいたほうがよいでしょう。ここでは主な賭場の名地である、マカオ、韓国、オーストラリア、ラスベガスの年齢制限について確認していきます。

【マカオカジノ情報】スタジオ・シティ・マカオ カジノの特徴を徹底調査してみた

カジノに入場する際に、年齢確認をされます。パスポートなど、確実に年齢が証明できるものを用意しておきましょう。
マカオでは21歳以上、韓国では19歳以上、オーストラリアでは18歳以上からカジノに入場することができます。ラスベガスに関しては、入場して見学するだけなら特に制限はありませんが、実際にゲームをプレイするにはマカオと同じく21歳以上である必要があります。
日本人は西洋などの国の人と比べて若く見られることが多々あります。入場の際に厳しい目で見られることがあるかもしれません。しかし、きちんとした証明ができるパスポートなどを持っていれば問題なく入場させてもらえるので、恐れる心配はありません。30歳以上の人でも、念のためにパスポートを持っておけば間違いはないでしょう。

カジノと言えば、荘厳な建物群や厳格なルールといった印象を受け、若い人にとっては近寄りがたい雰囲気を感じる人も少なくはないでしょう。しかし、年齢制限のクリアと常識的な立ち居振る舞いが備わっていれば、カジノは誰にでも門戸を開いてくれます。諸外国から人が集まり、ひとつのゲームに一喜一憂するという、賭場の空間はめったにあるものではなく、あなたに貴重な体験をさせてくれるはずです。
若く見られてしまうのではないか、プレイ中に追い出されてしまうのではないかと心配する必要はまったくありません。各国のルールの違いに気をつけ、ぜひ一度、現地の人や多国籍の人々と楽しいカジノ体験をしてみましょう。
以上、マカオ、韓国、オーストラリア、ラスベガスのカジノの年齢制限についてのまとめでした。

-カジノ

関連記事

海外のカジノで大勝ちした時の納税

夢を見ているようなきらびやかで華やかなマカオやラスベガスのカジノで遊んでみたいという人は多く、実際に毎年海外のカジノに行くという人は意外とたくさんいるようです。豪華な別世界のようなカジノに行く人の多く …

ヌメアでカジノをするならメリディアンがオススメです

ニューカレドニアのヌメアには2軒のカジノ店があり、1つは海沿いのホテルのルサーフの方に入っているカジノロワイヤルです。 そしてもう1つはメリディアンホテルに入っているグランカジノです。 どちらも規模的 …

日本でも導入が検討されるカジノの年齢制限

日本でも次期東京オリンピック、パラリンピックを前にして、カジノの導入が議論され始めています。日本ではまだカジノは解禁になっていませんが、世界中の国や地域では既に長年に渡り親しまれていますので、国民の生 …

ネットワークでつながるオンラインカジノ

インターネット上の存在しているオンラインカジノはネットワークが構築されていればどこに住んでいても利用可能で、日本国内の場合は一部を除き法律違反になることもありません。一部とは日本人向けに提供されている …

ヌメアのカジノの服装は准正装であれば大丈夫です

ニューカレドニアは日本から約9時間で行ける太平洋の楽園で、プチフランスを楽しみたい女性から人気です。 ダイバーからも人気が高い旅行先のニューカレドニアには、最大の都市ヌメアにカジノのお店があります。 …