カジノ

カジノの年齢制限とは

絢爛豪華な建物にきらびやかな装飾、瀟洒に行われてゆくゲーム。そんなカジノは、誰もが一度は行ってみたいと思う大人の世界です。
ギャンブルのひとつであり、言ってしまえばパチンコやサッカーくじ、競馬やボートレースなどと同じ賭博です。パチンコは18歳、サッカーくじ(toto)は19歳、競馬や競輪、競艇、ボートレースといった公営競技は20歳からと細かく決められていますが、カジノの年齢制限はどのようになっているのでしょうか。
実はその国ごとに制限は異なっており、海外旅行のついでにちょっと寄ってみようと考えているならば、その国でのルールを確認しておいたほうがよいでしょう。ここでは主な賭場の名地である、マカオ、韓国、オーストラリア、ラスベガスの年齢制限について確認していきます。

【マカオカジノ情報】スタジオ・シティ・マカオ カジノの特徴を徹底調査してみた

カジノに入場する際に、年齢確認をされます。パスポートなど、確実に年齢が証明できるものを用意しておきましょう。
マカオでは21歳以上、韓国では19歳以上、オーストラリアでは18歳以上からカジノに入場することができます。ラスベガスに関しては、入場して見学するだけなら特に制限はありませんが、実際にゲームをプレイするにはマカオと同じく21歳以上である必要があります。
日本人は西洋などの国の人と比べて若く見られることが多々あります。入場の際に厳しい目で見られることがあるかもしれません。しかし、きちんとした証明ができるパスポートなどを持っていれば問題なく入場させてもらえるので、恐れる心配はありません。30歳以上の人でも、念のためにパスポートを持っておけば間違いはないでしょう。

カジノと言えば、荘厳な建物群や厳格なルールといった印象を受け、若い人にとっては近寄りがたい雰囲気を感じる人も少なくはないでしょう。しかし、年齢制限のクリアと常識的な立ち居振る舞いが備わっていれば、カジノは誰にでも門戸を開いてくれます。諸外国から人が集まり、ひとつのゲームに一喜一憂するという、賭場の空間はめったにあるものではなく、あなたに貴重な体験をさせてくれるはずです。
若く見られてしまうのではないか、プレイ中に追い出されてしまうのではないかと心配する必要はまったくありません。各国のルールの違いに気をつけ、ぜひ一度、現地の人や多国籍の人々と楽しいカジノ体験をしてみましょう。
以上、マカオ、韓国、オーストラリア、ラスベガスのカジノの年齢制限についてのまとめでした。

-カジノ

関連記事

カジノのネズミ講勧誘の話には注意しましょう

オンラインカジノはパソコンにダウンロードするだけでプレイできるので、商品の在庫を抱えずにできるメリットがあります。 ただこのメリットを利用して、ネズミ講の詐欺商材として使われることがあるので注意が必要 …

ネットワークビジネスとしてもカジノが活用できます

インターネットが開発されて、今や全世界に広がっているといっても過言ではありません。仕事から日常の生活の中まで欠かせないものとなっていて、さまざまなサービスが提供されて利用することが可能となり、日々を豊 …

カジノのノーデポジットは無料でサービスを楽しめます

カジノのノーデポジットボーナスとは、デポジットの必要がなく少額のボーナス資金を獲得できる特典のことです。 入金しないで使える無料クレジットのことで、プレイするための無料の現金になります。 額は小さいの …

議論されている納付金の影響を受けないカジノ

カジノの誘致が話し合われている日本では、政府が事業者から納付金を徴収しようと検討しています。 用途は利用者の健全性の促進で、のめり込み過ぎないようにするのが目的です。 徴収の対象は事業者なので、ゲーム …

カジノは無料で飲み物を飲める

海外のカジノのお店ではスタッフがドリンクを頻繁に提供してくれますが、それらの飲み物は基本的に無料で飲むことが出来ます。なぜタダで飲めるのかといえばお店が儲かっているという事実があるからです。一晩で数千 …