カジノ

ヌメアのカジノの服装は准正装であれば大丈夫です

ニューカレドニアは日本から約9時間で行ける太平洋の楽園で、プチフランスを楽しみたい女性から人気です。
ダイバーからも人気が高い旅行先のニューカレドニアには、最大の都市ヌメアにカジノのお店があります。
ニューカレドニアはカジノ合法国なので安心して楽しむことができ、通貨もパシフィックフラン1?が約1円なので金銭感覚が保ちやすいメリットがあります。
観光客から人気が高いのがヌメアにあるグランドカジノで、高級リゾートホテルのル・メリディアンのすぐ目の前に建っています。
ホテル内には日本人スタッフが常駐していて旅行会社のツアーデスクもあるので、多くの観光客が利用しています。
224台のスロットマシンをはじめ、ヨーロピアンルーレットやブラックジャック、カリビアンスタッドポーカー、ミニバカラなどがあるので存分に楽しむことができます。

ヌメアにあるお店の営業時間はスロットマシンが11時から、テーブルゲームが20時からになっています。
気になるのが服装ですがあまりラフ過ぎない恰好なら問題はなく、ドレスコードのような厳格で決まった服装はありません。
スマートカジュアルであればOKで、男性なら襟付きのポロシャツに靴、女性ならワンピースであれば問題ないです。
ガイド本にもそのように記載されているのでかしこまった服装で行く必要はなく、革靴などは不要でシャツもポロシャツで十分です。
ただしリゾートとは言えある程度はきちんとした服装を考えなければならず、ビーチサンダルや短パンは入店を断られるので気をつけましょう。
お店に行く時はタンクトップや短パン、ビーチサンダルやスリッパ、ベースボールキャップ、ダメージジーンズなどは避けることです。

ヌメアにあるカジノのお店はル・メリディアンとノボテル・サーフの2軒あります。
ノボテルにあるお店にパスポートを提示して入り口にまっすぐ入っていくと、スロットマシンの部屋になっています。
受付の後ろのドアの向こうでは、ルーレットやカードゲームをやっています。
入店に際しての服装は基本的にスマートカジュアルでOKなのですが、カジノのテーブルゲームエリアは別途ドレスコードを設けています。
そのため最初からテーブルゲームをする予定がある男性は、襟付きのフォーマルな洋服で整えて行く必要があります。
ニューカレドニアでのカジノの服装は、現地調達にしようと思っている人も少ないかもしれません。
しかしおしゃれな洋服屋さんはほとんどないので、現地調達はあまり期待しないほうがいいです。
襟付きシャツとチノパンくらいは、あらかじめ旅行前に準備して持っていきましょう。

-カジノ

関連記事

韓国でカジノに参加できる年齢

賭けや賞金が発生するカジノは、何処の国でも参加可能な年齢制限が掛けられています。 例えばラスベガスでは21歳以上と法律で決められていて、21歳に満たない人は入店すら断られます。 一方の韓国は19歳とな …

ネオンが光るカジノの印象は一面のものです

いままで経験したことのないことに対しては、とかく警戒心が高まるものです。これは人間である限り避けられない習性であることは確かです。日本の経済成長を確実なものにするために、IR構想を具体化していくことが …

のぶきは世界のカジノで勝ち続けています

プロギャンブラーのぶきという人物がいます。15年という歳月をかけて世界の80を超す国のカジノを渡り歩いてきた人です。特筆すべきは、勝率が9割という異様な高さを誇っている点です。一発勝負で勝った、という …

ネットワークでつながるオンラインカジノ

インターネット上の存在しているオンラインカジノはネットワークが構築されていればどこに住んでいても利用可能で、日本国内の場合は一部を除き法律違反になることもありません。一部とは日本人向けに提供されている …

カジノのノーデポジットは無料でサービスを楽しめます

カジノのノーデポジットボーナスとは、デポジットの必要がなく少額のボーナス資金を獲得できる特典のことです。 入金しないで使える無料クレジットのことで、プレイするための無料の現金になります。 額は小さいの …